Debriefing [デブリーフィング]

Debriefing[デブリーフィング]は都内で働く20代Web系男子が運営するブログメディア。Web制作に関すること、恋愛、仕事、ライフハック、などについて情報を発信していきます。

WordPressのトラックバックとは?ピンバックとの違い。トラックバックの送信方法

WordPressのトラックバックとは?ピンバックとの違い。トラックバックの送信方法

WordPressの設定画面のディスカッション項目を見ると、トラックバックやピンバックの通知を受け取るなどと書いてあります。 この2つの用語について知らない人が多いと思いますの、今回はトラックバックとピンバックについて書いていきます。

 

目次

トラックバックとは

トラックバックとはWordPressの機能の一つで、ブログ内に他のサイトのリンクを貼ったときに、「リンクを貼りました」とリンクを貼られた側のサイトの持ち主に通知を送信する機能のことを言います。

リンクを貼られた側のサイト管理者はリンクを貼った側のサイトの存在を認知することができ、またその通知を承認することによって、貼った側のサイトのリンクを設置することができます。

トラックバックの機能自体はWordPress以外のブログサービスでも昔からほぼ標準的に備わっている機能の一つです。

図でトラックバックの仕組みを解説

トラックバックの仕組みを図解1

サイトAとサイトBがあります。

サイトAは記事を書く時にサイトBに掲載されているページがとてもわかりやすく参考になったので、記事内にサイトBのURLを貼りました。

するとサイトBの管理者へ「リンクを貼りました」と通知が届きます。

トラックバックの仕組みを図解1

サイトBはトラックバック通知を受け取り、そのトラックバックを承認すると、サイトBの記事ページの下の方にサイトAのURLが貼りつけられます。

もちろんトラックバック通知を否認することもできます。

トラックバックのメリット

トラックバックのメリットは主に3つあります。

・被リンクを獲得できる

トラックバックが承認されることによって、リンクを貼られた側のサイトにリンクを貼った側のサイトのリンクが貼られ、被リンクを獲得することができます。被リンクはリンクの質が良ければSEOの効果を高めることができます。

・アクセスアップにつながる

トラックバックが承認されると相互リンクが発生するため、そこからサイトのアクセスアップに繋がります。

コミュニケーションが生まれる

トラックバックをきっかけにサイト管理者同士のコミュニケーションが生まれるきっかけになったりもします。

 

WordPressでのトラックバックの送信方法

トラックバック機能は最近あまり使われることが少なくなってきていますが、簡単に送信することができます。

①WordPressの投稿詳細を開く

WordPressの投稿詳細を開いて表示オプションをクリック

 投稿詳細画面の右上に「表示オプション」というタブがあるのでクリックします。

②トラックバック送信にチェックを入れる

トラックバック送信にチェックを入れる

表示オプションのタブを開いたら、「トラックバック送信」のところにチェックマークを入れます。

③トラックバックの送信先にURLを入力する

トラックバックの送信先にURLを入力する

投稿画面の下部にトラックバック送信の項目欄があるので、テキストエリアに送信したいURLを入力し記事を投稿したり更新したりすると、入力したURLのサイト管理者に通知が送られます。

ピンバックとは

ピンバックとはトラックバックと似た機能ですが、トラックバックは手動でトラックバックを送るURLを指定する必要がありますが、ピンバックは記事内のURLを自動的に検知して自動でリンク先のサイト管理者へ送信されます。

つまり、トラックバックは手動でリンク先の管理者に送るやり方に対し、ピンバックは自動的にリンク先の管理者に送る機能です。

トラックバックとピンバックまとめ

トラックバック

  • 設定送信方法:手動
  • URLの設置:トラックバック送信欄
  • 送信条件:両方のサイトのトラックバック機能がオンになっている時

ピンバック

  • 設定送信方法:自動
  • URLの設置:記事内にURLを貼り付ける
  • 送信条件:両方のサイトがWordPressでかつ、トラックバック&ピンバックを受け取る設定にする

WordPress関連記事