Debriefing [デブリーフィング]

Debriefing[デブリーフィング]は都内で働く20代Web系男子が運営するブログメディア。Web制作に関すること、恋愛、仕事、ライフハック、などについて情報を発信していきます。

WordPress(ワードプレス)とは? WordPressの特徴とメリット・デメリット

WordPress(ワードプレス)とは? WordPressの特徴とメリット・デメリット

目次

WordPress(ワードプレス)とは

WordPressとは素人でも簡単にWebサイトやブログの作成したり、自分で更新ができるCMS(コンテンツ・マネージメント・システム)です。

簡単に説明すると、Webサイトを更新するときには通常HTMLやCSSなどといったコード書いて、Webサーバーにファイルをアップロードしたりする作業が必要です。

しかしWordPressの場合は深い専門的な知識(ある程度のHTMLとCSSの知識)がなくても、比較的簡単にブログやサイトの更新を行うことができます。

 

WordPressのメリット

WordPressが何なのかということが大体理解できたかと思いますが、具体的にWordPressを使うとどのようなメリットがあるのか紹介します。

テーマが豊富

テーマとはサイトの見た目を形成するデザインの型のことです。

デザイン知識やセンスがなくてもクオリティの高いデザインを自分のサイトやブログに適用することができます。
世界中のテーマ開発者たちがテーマを公開してるため、ボリューム数も豊富です。
テーマのカスタマイズ情報も豊富です。

プラグインが豊富

プラグインとは拡張機能のことです。サイトにお問い合わせフォームを設置したい、パンくずリストを設置したいなどといった要望を、自分で0から作ることなく機能を追加できます。インストールも簡単でほとんど無料で使用することができます。

プログラミング知識がなくてもプラグインを使えば、ある程度自分のやりたいことが実現できます。

自由度が高い

WordPressは他のブログサービスと違って、自分で好きなドメインを取得してサイトを運用することができます。またほとんどの無料ブログは、そのブログサービスが用意した広告を表示することが義務つけられていますが、WordPressには広告は一切表示されません。

さらにHTMLやCSSなどの専門知識があれば思い通りのデザインにしたり、自由にカスタマイズすることができます。

企業のコーポレートサイトやオウンドメディアなどもWordPressが使われていることが多いです。

 

WordPressのデメリット

便利なWordPressですが、もちろんデメリットも存在します。

バックアップが面倒

WordPressはPHPというプログラム言語とMySQLというデータベース、その他にレイアウトを整えるCSSファイル、画像データ等で動いています。

一般的なHTMLベースで作られたサイトに比べるとバックアップするファイルやデータの数が多いため、バックアップに手間がかかります。
WordPressを使っているかたは一定期間ごとにバックアップをとっておきましょう。

自由度が高いが不具合も出る。

自由にカスタマイズできるWordPressですが、テーマやプラグインの組み合わせによってはサイトが表示されなくなるなどといった不具合もたまに発生します。

WordPressのバージョンをアップデートしたらサイトが真っ白になって、管理画面にログインできなくなったという話は割と聞きます。
不具合を解消するにはネットで検索すれば解決策が出てきますが、Webの知識がないと解消は難しいです。

本格的にサイトを作るには知識が必要

サイトの更新を行うのには便利で効率的なWordPressですが、初期導入やがっつりとカスタマイズをするには、HTMLやCSSやサーバーなどの専門的な知識が必要になってきます。HTMLとCSSを使ったサイト制作の経験がある方はそんなにハードルが高いCMSではありませんが、まったくWebの知識がない方にとってはじゃっかん敷居が高いと思います。

勉強して知識を増やせば無限の可能性を秘めています。

更新性の高いサイトにピッタリ

WordPressについていろいろ説明してきましたが、世界中でもっとも使われているCMSです。元々はサイトの更新作業を効率化するために開発されたCMSですので、更新性の高いサイトにはピッタリなCMSではないでしょうか。

WordPress関連記事

簡単!WordPress(ワードプレス)を手動でインストールする方法

WordPress(ワードプレス)に絶対インストールしたいおすすめプラグイン7選