Debriefing [デブリーフィング]

Debriefing[デブリーフィング]は都内で働く20代Web系男子が運営するブログメディア。Web制作に関すること、恋愛、仕事、ライフハック、などについて情報を発信していきます。

WordPressでサーバーのPHPのバージョンを確認する方法

WordPressでサーバーのPHPのバージョンを確認する方法

WordPressなどをインストールする時に、サーバーのPHPのバージョンが必要条件に満たしているか、確認したい時があると思います。

レンタルサーバーなどの場合は管理画面などに書いたあったりしますが、自分で調べる場合は1行コードを書くだけで調べることができます。

今回は、サーバーのPHPのバージョンを調べる方法を紹介します。

やり方は非常に簡単です。僕みたいなサーバーサイドのことを全く知らないフロントエンド側の人間でもできちゃいます。

1. PHPファイルを新規に作成する。

テキストエディタなどを使って新規にPHPファイルを作成します。ちなみに僕はDreamweaverをいつも使っています。

新規ファイルを開いたら下記のPHPのコードを記述します。

<?PHP phpinfo!(); ?>

記述し終えたらそのままファイルを保存します。

ファイル名は何でも構いません。「test.php」や「testinfo.php」などとつけておきます。

PHPのコードを書く

2. 作成したPHPファイルをサーバーへアップデートする

上記で作成したPHPファイルをWinSCPなどのFTPツールを使ってサーバーにアップロードします。

アップロードするディレクトリは、ブラウザでURLを開いてページが見れるディレクトリならどこでも構いません。基本ルートディレクトリの配下ならどこでも大丈夫です。

3. ブラウザでURLを開いて確認する

ブラウザでPHPファイルをアップデートしたディレクトリのURLを開きます。

ルートディレクトリ直下にPHPファイル(test.php)をアップしたなら下記のようなURLになります。

http://exsample.com/test.php

ルートディレクトリの2階層目にアップしたなら、下記のようなURLになります。

http://exsample.com/2階層目のディレクトリ名/test.php

URLを開いて下記画像のようなページが表示されたら成功です。

サーバーのPHPのバージョン情報

上の画像の赤丸で囲った部分がPHPのバージョン情報です。
またこの画面からはWordPressで必要なMySQLの情報も確認できるので、ついでに調べておきましょう。

おすすめ関連記事

サーバーのドキュメントルート(フルパス)をPHPで調べる方法