Debriefing [デブリーフィング]

Debriefing[デブリーフィング]は都内で働く20代Web系男子が運営するブログメディア。Web制作に関すること、恋愛、仕事、ライフハック、などについて情報を発信していきます。

吸音材と遮音材を賃貸の壁に貼り付けて防音対策をする方法

吸音材と遮音材を賃貸の壁に貼り付けて防音対策をする方法

僕が住む賃貸マンションは隣の部屋との壁が薄く、隣の生活音やテレビの音や、話し声が壁から聞こえてきます。

ストレスが溜まるほど非常にうるさいので管理会社(大家さん)に何回か相談したこともありましたが、それでも騒音の問題は解決しませんでした。

毎月決して安くない家賃を払っているのに満足に休むこともできず、ストレスも溜まる一方なので、部屋の壁に吸音材と遮音材を使って防音壁を作ることにしました。

今回は賃貸マンションでも作れる防音壁の作り方を紹介します。

予算は1万円以内でできる範囲と決めたのであまり大掛かりなことはしません。予算の範囲内でできる限り効果の高い防音対策します。

 

目次

効果的な壁の防音対策

防音壁を作るには単純にダンボールや有孔ボードを壁に貼り付けるだけでも防音になると言えばなるのですが、効果はあまり期待できません。どうせやるなら効果のある防音壁を作った方がいいです。

防音効果を高めるには一般的に吸音(音を吸収する役割)と遮音(音を遮る役割)を組み合わせることによって、防音効果を高めることができます。

なので防音壁の素材には遮音材と吸音材の両方が必要になります。

また一般的に重量の重いものは音を遮る効果があるので、鉄の素材や鉛などがあればより防音効果が増すのですが、賃貸だしそこまでやるとものすごく大変そうなのでやりません。

壁の高さと横幅を計測する

防音効果を高めるためには吸音材と遮音材の両方を組み合わせる必要があるとわかったので、吸音材と遮音材を壁に貼り付けるために壁の高さと横幅を測ります。

計測には5mまで測れるメジャーを使いました。100円ショップで手軽に手に入れることができます。

計測した結果、僕の部屋の壁は高さ2400mm、横幅3370mmでした。

壁に吸音材を先に貼るか遮音材を先に貼りつけるか

必要な素材(吸音材と遮音材)が分かり、壁のサイズも分かったので、今度は防音壁の構造を考えます。

遮音材を敷いてその上に吸音材を敷いた方が防音効果が高いのか、または吸音材を敷いてその上に遮音材を敷く方が良いのか悩みましたが、こんな防音実験の動画をYouTubeで発見しましたので紹介します。

遮音材からの吸音材ver

遮音材からの吸音材ver

遮音材からの吸音材ver

吸音材からの遮音材ver

吸音材からの遮音材ver

吸音材からの遮音材ver

2つの防音実験の動画を見ると吸音材の上に遮音シートをのせた方が防音効果が高いとはっきり分かりますね。

防音壁の構造は既存の壁→吸音材→遮音材の順番で作ることにします。

本当はその上に有孔ボードや石膏ボードを使いたいところですが、有孔ボードは意外と割高で予算を超えてしまうので今回は見送ることにします。

また石膏ボードはコストは低いですが、廃棄処分に手間と費用が掛かることが分かったので、石膏ボードも今回は除外します。

吸音材と遮音材選び

防音壁の構造を決めたので、吸音材と遮音材の素材選びをします。

吸音材の素材はロックウール、グラスウールが代表的です。吸音効果についてはグラスウールよりロックウールの方が効果が高いことがわかりました。ただ2つとも費用が高いです。

この2つの他にコストが安くて、そこそこの吸音効果が期待できそうな素材を探した結果、さっきの動画にあったニードルフェルトが良さそうだったので、吸音材はニードルフェルトを使用することに決めました。

ちなみに車の防音対策をするときにもニードルフェルトは使われているそうです。

遮音材については、内装用の遮音シートを数種類見つけたので、Amazonや楽天で商品レビューの高いゼオン化成のサンダムCZ-12遮音シートを使用することにしました。

賃貸マンションの壁に傷や大きな穴を開けるわけにはいかないので、吸音材や遮音材の取り付けにはタッカーを使用します。タッカー程度の芯の太さであればよく見なければ穴は見つけられません。

あと芯は別売りなのでタッカーの芯も忘れずに購入しましょう。

吸音材(ニードルフェルト)を壁に貼る

Amazonで購入したニードルフェルトが家に届いたので、壁のサイズに合うようにハサミでカットしていきます。

ニードルフェルトは様々な衣類の布や糸の塊でできているのでホコリが舞いやすいです。作業するときは部屋の換気とマスクを着用することを強くおすすめします。

ニードルフェルトを必要なサイズにカットすることができたら、いよいよ壁に貼り付けていきます。

壁の隅から綺麗に並べるように貼り付けていきますが、いきなりタッカーで壁に貼り付けるのでなく、画鋲などで仮留めをしてからタッカーで打ち込むことをおすすめします。そのほうが打ち直しを防ぎ、綺麗に貼り付けすることができます。

吸音材(ニードルフェルト)を壁に貼る

貼り付けるときはなるべく隙間が空かないように貼り付けたほうが防音効果がUPします。

遮音材(遮音シート)を壁に貼る

壁一面にニードルフェルトの貼り付けが完了したら次に遮音材(遮音シート)を貼っていきます。遮音材も壁のサイズに合うようにカッターやハサミでカットしてから壁に貼り付けます。

カットが終わったら壁にタッカーで打ち付けていきますが、遮音材(遮音シート)は結構重いので、できれば2人以上で作業した方が効率的です。

女性の方は特に2人で作業することを推奨します。ちなみに僕は1人でなんとか貼り付けることができました。

遮音シートを壁に貼り付けた

タッカーの跡が少し目立ちますが貼り付け完了できました。遮音シートもニードルフェルト同様に隙間がないように貼り付ければ防音効果がUPします。

壁の防音効果を確認してみる

遮音材と吸音材の両方を貼り付けるのは大変なので、実験も兼ねて遮音シートを貼らずにニードルフェルトを貼り付けただけの状態で、1ヶ月ほど生活しました。その結果ほぼ防音効果は感じませんでした。

その後ニードルフェルトの上に遮音シートを貼った状態で生活をした結果、ニードルフェルトのみより、あきらかに防音効果が上がった感じました。

具体的には隣にテレビの音が聞こえなくなり、生活音も気にならなくなりました。

やはり防音には吸音と遮音の両方必要ということが分かりました。

↓↓こちらの吸音材も一緒に使うと防音効果が向上すると思います。

おすすめ関連記事