Debriefing [デブリーフィング] | Web・仕事・恋愛・ライフハックを発信するブログメディア。

Debriefing[デブリーフィングは]都内で働く20代Web系男子が運営するブログメディア。Web制作に関すること、恋愛、仕事、ライフハック、などについて情報を発信していきます。

ダイソー[100均]で買った靴底修理用品で靴を修理する方法

ダイソー[100均]で買った靴底修理用品で靴を修理する方法

営業職ではないですが、最近革靴にハマっています。しかし革靴と言えど靴は消耗品。履けば履くほどつま先や靴底、踵がすり減ってきます。

駅ナカなどにあるミスターミニットやリアットなどの靴修理屋さんに出すのは、仕上がりは期待できるけど意外とお金がかかるし、自分でなんとかできないかなと思っていた矢先、ふらっと立ち寄ったダイソーで、靴底修理用品を見つけました。

今回はダイソー(100均)の靴底修理用品を使って、靴底を補修してみました。

補修する箇所はアッパーソール(靴底の上の部分)と踵の部分を補修しました。

補修前の靴底用の様子はこんな感じです。今回補修する靴は革靴ではなく、合皮の靴ですが、革靴でも補修できます。

 

商品紹介

ダイソー[100均]で買ったアッパーソール用補修パッド

ダイソー[100均]で買ったアッパーソール用補修パッド

今回ダイソーで購入した商品はアッパーソール用パッド、踵用パッド、パッドを靴底に貼り付けるための接着剤の3つです。 合計で税込324円と、とてもリーズナブルな価格で補修できちゃいます。

それでは具体的な補修手順を説明していきます。とっても簡単です。

補修手順1. 靴底をヤスリで削り、汚れを拭き取る

靴底を紙ヤスリで削る

まずはじめに補修パッドをしっかり接着させるために、補修パッドを接着する底面を付属の紙ヤスリで削ります。 接着面に凹凸があると接着しにくくなるので、ムラが出ないように丁寧に削ります。

ある程度削り終えたら、濡れ雑巾などを使って削りカスや汚れを綺麗に拭き取ります。

補修手順2. アッパーソール用補修パッドに接着剤をつけて貼り付ける

アッパーソール用補修パッドを取り付ける

靴底を綺麗に拭き取ることができたら、補修パッドに接着剤をつけます。

補修パッドが剥がれ落ちないように満遍なく、接着剤をつけることが大切ですが、つけ過ぎても接着剤が補修パッドからはみ出てしまい、仕上がりが汚くなってしまいます。難しいところですが、つけ過ぎずつけなさ過ぎず、バランスよく接着剤をつけていきます。

接着剤をつけ終わったら靴底に補修パッドをつけます。この時に靴底と補修パッドの間に、空気の隙間が入らないように指で押し込みながら貼るのがコツです。はみ出してしまった接着剤はそのままにすると、乾燥して汚くなってしまうので、綺麗に拭き取ってしまいましょう。

 

補修手順3. 踵用補修パッドを接着剤&釘で打ち込む

踵用補修パッドを取り付ける

アッパーソール用の補修パッドを接着できたら、次は踵用の補修パッドを踵に接着していきます。

ここで重要なのが接着剤をつける前に、踵全体と、擦り減った踵部分を補修した高さが、平行になるように踵用補修パッドを仮当てて高さを確認します。これをやっておいた方が、踵用補修パッドを接着した時の踵の高さに、ズレが出るのを予防することができます。

接着する位置を確認できたら踵用補修パッドに接着剤をつけます。要領は先程説明したアッパーソール用の補修パッドと同じ要領です。

接着剤をつけ終えたら付属の釘を使って、踵用補修パッドをさらに固定させます。靴底の素材にもよりますが、ゴム製の靴底であれば少し強く押し込む程度で釘が入ります。靴底が木製の場合は金槌などを使って叩いて釘を打ち込みましょう。

以上で一連の補修は完了です。

完成!ダイソー(100円)でも全然補修できちゃいます

僕の場合は接着剤を少しつけ過ぎてしまったので、補修パッドから接着剤がはみ出して固まってしまい、少し汚れた仕上がりになってしまいました。接着剤をつけ過ぎず、つけなさ過ぎずのきわどい分量が綺麗に仕上がるコツですね。

その後、補修パッドをつけた状態で1週間程、この靴で過ごしましたが、補修パッドが取れることもなく、特に歩きづらいこともなく、至って不便さのない、普段通りの履き心地です。

100円から靴の補修ができてしまうので、駅ナカによくある靴修理屋さんに頼む程でもなければ、是非やってみてください。

おすすめシューケア用品