Debriefing [デブリーフィング]

Debriefing[デブリーフィング]は都内で働く20代Web系男子が運営するブログメディア。Web制作に関すること、恋愛、仕事、ライフハック、などについて情報を発信していきます。

メリット多い?社会人は今すぐ実家を出て一人暮らしをした方が良い理由

メリット多い?社会人は今すぐ実家を出て一人暮らしをした方が良い理由

一人暮らしをはじめると実家暮らしの時とは違う生活を手に入れることができます。
僕は大学を卒業して、社会人になってすぐに実家を出た訳ではないのですが、一人暮らしを始めてある程度時間が経った今、実家暮らしの時とは比べものにならないくらい自己成長したと実感しています。

もしタイムマシーンがあって昔の自分に会いに行けるとしたら、「早く実家を出て一人暮らしを始めた方が絶対いいよ」と言ってやりたいくらいです。

今回は一人暮らしを頭の隅で考えているけど、なかなか実家から出られないとモヤモヤしている社会人や学生さんに向けてブログを書きます。

 

目次

実家暮らしのメリット

そもそもなぜ僕が実家暮らしを続けていたかというと、単純な話でお金が貯まりやすかったからと、会社までの通勤距離がそれほど遠くなかったからです。

実家暮らしをしていると、家賃はまず掛かりませんし、水道ガス光熱費や、インターネット料金などが掛からない家庭が多いと思います。せいぜい家に3万〜5万くらいお金を入れるくらいでしょうか。

その分貯蓄に回すこともできるし、欲しいものがあったらパッと買えるくらいの可処分所得があると思います。

また実家にいれば食料をスーパーに買い行って調理したり、 トイレやお風呂や洗濯などの家事全般は親がやってくれる家庭が多いので、自分の時間を多く使えて楽チンな生活を送ることができます。金銭的にも時間的にも余裕があるのが実家暮らしのメリットと言えます。

一人暮らしのメリット

逆に一人暮らしのメリットは何事も自分の自由に生活できる点です。

自分の好きな家具や家電を買ったり、食器類も色は全部白で統一したり、ベランダには植物を置いたりと自分で好きなように部屋をカスタマイズしたり、好きな時間にご飯を食べて、好きな時間にお風呂などに入れる点がメリットだと思います。

また親や身内から開放されるところがメリットとよく聞きますが、僕の場合は親や身内からの干渉は無いに等しい感じでした。実家暮らしの時でも割と自由に生活していました。

そして一人暮らしのメリットといえば、彼女や彼氏を親に気を使うことなく部屋に呼べたり、友達と夜遅くまで部屋に呼びる点もメリットですね。

一人暮らしをはじめようとした理由

ではなぜ僕が一人暮らしを始めようと思ったからというと、30歳になっても実家で親に寄生しているのがとてもかっこ悪く感じたからです。

世間では30歳過ぎても実家で親と一緒に生活をしていると、男性も女性も結婚が遠のくと言われています。それだけかっこ悪いことなのかもしれません。

20代前半まではそんな気はなかったのですが、20代半ばに差し掛かった頃から薄々と感じてきました。貯金も年収の3分の2くらいの金額は貯まっていたので、当分お金には困らないだろうなと思い、重い腰を上げることを決意しました。

実際一人暮らしを始めてから感じることは、実家暮らしの時より充実した毎日を過ごせていることです。

それでは実際に僕が感じた一人暮らしを始めてよかったことを書いていきます。

 

一人暮らしをしてよかったこと1 時間が増えた

1つ目のよかったことは、時間が増えたことです。

時間は1日24時間しかありません。これはすべての人に共通して言えることで、限られた時間を何に使うかによって人生の彩りが変わってきます。

実家暮らしの時は家事をするのは親、ご飯を作るのは親だったので時間に余裕がありました。しかし実際は一人暮らしをしている時の方が時間に余裕ができたと感じています。余裕ができたというよりかは、時間に対するコミットメントが実家暮らしの時に比べて向上したのだと思います。

実家暮らしの時は家事全般を親に任せていたので、自分の時間を確保するが簡単でした。

しかしその分ダラダラしがちになり、何も生産性のない時間を多く過ごしていたと思います。それに比べて一人暮らしの場合は身の回りの生活のことは全て自分一人でやらなくていけないので、どのように時間を確保・配分するか真剣に考えるようになりました。つまり時間に対する意識が実家暮らしの時と比べて格段に上がりました。

その結果やりたいと思っていたことができ、読もうと思ってた本が読め、見ようと思っていた映画を観れ、今までやろうやろうと思っていたことができるようになりました。

一人暮らしをしてよかったこと2 親に感謝したくなる

2つ目によかったことは親に対して感謝したくなったことです。

実家で暮らしていた時はほとんどの家事や食事の面倒を親にやってもらっていました。しかし一人暮らしをすれば家事や食事は全て自分でやらなくてはなりません。

そして自分の力で全てやるようになって感じたことは、今まで自分はなんて贅沢な暮らしをしていたのだろうか。と感じるようになりました。

実家暮らしの時は当然のように晩御飯が食卓に並べられ、トイレはいつも綺麗に掃除され、自分の服は勝手に洗濯されて綺麗に畳まれて、さぞ当たり前のように思っていましたが、一人暮らしをしてからはそんな当たり前と思っていたことが、なんてありがたいことだったんだろうと親にありがたみを感じるばかりです。

そして離れて暮らしている親から携帯に着信が入っていると、何かあったのではないかと、とても心配するようになりました。これらのことは実家にいた時では感じることのない感情でした。

 

一人暮らしをしてよかったこと3 出会いが増える

3つ目のよかったことは、これは特に感じることですが、一人暮らしをするようになってからは男女問わずいろんな人と出会う機会が増えました。

住んでるところが都心に近づいたことが大きな要因だと思いますが、実家暮らしの時に比べて明らかに行動力が向上しました。

職場の近くや、人が集まりやすい場所に引っ越すことは一番パフォーマンスが高い選択だと思います。合コンや異業種の飲み会に参加することが増え、おかげで彼女ができ、お仕事の紹介もいただけるようになりました。

一人暮らしをしてよかったこと4 異性にモテるようになった

4つ目のよかったことは、実家暮らしの時に比べて異性からモテるようになりました。

前述で彼女ができたこともこれに関係すると思うのですが、一人暮らしをはじめたら、なぜか異性からモテるようになりました。

おそらくですが、一人暮らしをはじめると自分の身の周りのことは自分でやらなくていけないので、自己成長して自信がついたことが要因ではないかと思っています。

やはり自信がある人は男女問わずどこか余裕があって魅力的に見えるますよね。それに学生の時は気にしませんが、社会人の出会いの場で気になる異性が実家暮らしと一人暮らしだったら、明らかに一人暮らしの人のほうが魅力的に見えます。

まとめ

実家暮らしに比べて確かにお金が出ていくことが増え、貯蓄する機会が減りましたが、若いうちはお金を貯めて守りに入るのではなく、ガンガンお金を使って行動的にシフトしたほうが、経験値が増え、後々回りに回って自分の価値に返ってくると思います。

今一人暮らしをしようか悩んでいる人は思い切って是非早めの行動に移ってほしいです。