Debriefing [デブリーフィング] | Web・仕事・恋愛・ライフハックを発信するブログメディア。

Debriefing[デブリーフィングは]都内で働く20代Web系男子が運営するブログメディア。Web制作に関すること、恋愛、仕事、ライフハック、などについて情報を発信していきます。

マンションの吸気口を自分で交換する方法

マンションの吸気口の交換を自分でやってみました。

交換しようと思った理由は車やバイクなどの外からの騒音を今より防ぐことと、換気扇をつけた時に吸気口の僅かな隙間から音が鳴り響くのを防ぐためです。

僕のマンションは割と人通りの多い道路沿いに面しているため、車やバイクが通る音や、人の話し声などが部屋に伝わってきます。

また料理をするときに台所の換気扇をオンにすると、吸気口からかなり大きな音が鳴り響きます。音の正体は吸気口の僅かな隙間から外気を取り入れる時に発する空気音でした。窓を閉めた状態で部屋の気密性が高くなっている時に大きな音が発します。

そこでネットでおすすめな吸気口を調べてみたところ下記の吸気口が評判がよく、素人でも簡単に取り付けることができるようなので、こちらの吸気口をホームセンターで購入しました。

交換前の吸気口

マンションの吸気口を自分で交換する方法

交換前の吸気口はこのような感じになっていました。円状に空気の通り道が並んでいて、真ん中のつまみをひねると空気の通り道が塞るようになっています。おそらく音の発信源はこの空気の通り道から、僅かに漏れだす空気によって大きな音が発生しているも思われます。

 

ホームセンターで吸気口を購入

ホームセンターで吸気口を購入

早速近所のビバホームに行って吸気口を買ってきました。価格は1,000円前後で購入することができます。

ついでに防音性を高めたかったので、吸気口用のウレタンスポンジも購入しました。

吸気口用のウレタンスポンジ

こちらは500円前後で購入することができます。吸気口はコンクリートの壁に穴が空いている状態なので、当然外からの音が入ってきます。それをウレタンスポンジを使って吸音するのが狙いです。

吸気口の交換

吸気口の交換は簡単にできます。吸気口と壁を繋いでいるネジを緩めて、吸気口を外すだけです。

外した状態がこんな感じです。

マンションの吸気口を自分で交換する方法

吸気口を外すと直径100mm〜150mmほどの筒が見えます。外のホコリを吸っているので、ものすごく汚れているので、これを機会に拭き取ることをおすすめします。

吸気口を取り外したらホームセンターで購入してきたウレタンスポンジをはめ込みます。筒の中にそのまま押し込めば問題ありません。

マンションの吸気口を自分で交換する方法

ウレタンスポンジをはめ込んだら、新しい吸気口を設置します。壁に設置する前に付属品のゴムパッキンを吸気口に貼り付けます。これで準備完了です。

マンションの吸気口を自分で交換する方法

あとは壁にそのまま設置すれば完了です。

今回購入した吸気口はネジどめが不要なタイプなので、そのまま押し込めば設置完了です。

交換後の感想

マンションの吸気口を自分で交換する方法

新しい吸気口に交換したところ、ウレタンスポンジも入れたこともあり、外の騒音が聞こえづらくなったのが実感できました。また換気扇をつけても大きな空気音が聞こえなくなりました。交換自体も難しいことはなく、女性の方でも交換可能だと思います。また交換に要した費用も3,000円も掛からないので非常におすすめします。

広告を非表示にする