読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Debriefing [デブリーフィング] | Web関連・恋愛・ライフハックを発信するブログメディア。

都内で働く20代Web系男子が運営するメディア。Web関連、恋愛、ライフハックなどについて情報を発信していきます。

【恋愛】社会人が高確率で成功させるデートの誘い方

love

デートの誘いを成功させるやり方

はじめに

僕のブログではWeb関連の記事の他に、恋愛についても情報を発信していきたいと思います。 僕のブログを読んでくれた人には素敵な恋愛をして幸せになって欲しいからです。

内容は20代〜30代くらいの男女をターゲットにした内容にしたいと思います。僕は男なので、どちらかというと男性向けの内容になってしまう傾向があると思いますが、女性向けの内容もところどころ盛り込んでいきたいと思います。

もちろん恋愛に正解も不正解もないので、僕が書いたことに対して、もちろん賛否両論あると思います。なので悪魔でも参考程度に捉えていただきたいと思う。

まずはじめに何を書いていこうかといろいろ迷ったが、恋愛のファーストコンタクトである「初デートの誘い方」について書いていこうと思います。

そもそも初デートに誘う前に相手がいない、または出会いがないという人もいると思うが、出会いについてはまた別の機会に書いていこうと思う。冒頭が長くなったが具体的に詳しい内容を書いていこう。

気になる女の子をデートに誘いたい

合コンや友達に誘われた飲み会などで気になる女の子に出会い、なんとか連絡先をゲットしました。 次のステップは初デートに誘いたいところだが、どのように誘えばいいか悩んでいる人もいるだろう。もしかしたら断られる可能性もあるし、なるべく断られないスマートな誘い方をしたいと思うのは当然。

しかし具体的なテクニックの前にもっと重要な要素が1つあります。

【重要】誘う前に相手との関係性を把握してますか?

どうしても上手な誘い方などに考えが偏りがちだが、誘いたいと思ってる相手とあなたの関係性が今どのような状態か把握してますか?

デートの誘いにYesと応えてくれるかどうかは、初めて対面した時から解散するまでの間でほぼ決まっています。誘い方などのテクニック以前にこの関係性が非常に重要なポイントです。

自分の立場になって考えてみましょう。好みではない、または全く興味のない人からご飯に誘われたとしたらあなたは行きますか? 行く人も中にはいるでしょうが、行かない人が大半でしょう。社会人なら貴重な時間をどうでもいい人の為に使いたいとは思えません。

つまりデートに誘う前から、デートに行きたいか行きたくないか、既に女の子からテストされていると思ってください。

ただ初対面のうちで相手に完全に好意を持ってもらうことは至難のわざです。「この人とならご飯に行っても平気かな。」ぐらいに思わせる程度が合格ラインでしょう。

そのためにはベターですが、見た目は清潔感のある髪型やファッションを心掛け、話しやすい雰囲気で接することを心掛けましょう。会話では相手の話をふんふん聞いてあげる程度で十分です。女の子は自分の話を聞いてくれる人が大好きです。

そしてLINEや連絡先を交換したら、堂々とデートに誘いましょう。

連絡を入れるベストなタイミング

連絡を入れるタイミングは連絡先を交換した翌日から1週間以内がベストです。なぜなら連絡先を交換した直後に連絡すると、余裕のない男、ガツガツしすぎでキモいと思われる可能性があるからです。もちろんこれは人によりますが、社会人なら余裕のある行動を意識しましょう。またあまり遅すぎてもあなたの存在を忘れられる可能性があるので遅くても1週間以内には連絡をいれましょう。

誘い方はシンプルにさらっと

メールの文章をあまり深く考えすぎると返ってマイナスに繋がるのでシンプルにさらっと誘いましょう。 まわりくどい言い方をせず直球で大丈夫です。 具体的には、

「お疲れ!今月の○日か○日予定空いてる?よかったら○○でランチでもしない?」

ってな具合で大丈夫です。 ここで細かい点を説明すると、暇?という言葉は使わないこと。「○日暇?」と言うと大体の女性は「なんて無神経な奴」「暇じゃねぇし」と感じてしまうので「予定ある?」と丁寧な言葉で伝えると印象が良い。 それとスケジュールの設定は最低でも1週間先に設定しましょう。ベストは2週間先だと相手も自分も準備期間的に余裕があります。女の子は何かと準備することが多いです。

また夜に飲みに誘うより、はじめは昼間にランチやカフェでお茶に誘ったほうがOKしてくれる可能性が高いです。

理由は説明しなくても理解できると思います。 女の子は男の人より警戒心が強く、夜より昼間の方が警戒心を抱きにくいからだ。 それに社会人ならせっかくの休みの日に夜からの予定を入れるのは時間の調整がめんどくさい。昼間に小1時間ランチに出掛けるぐらいならスケジュールの調整もやりやすいし、気軽で誘いに乗りやすいだろう。

デートの承諾を貰ったら連絡は控える

無事にデートのアポが取れたら、「詳細はまた連絡するね!」とやり取りを切り上げましょう。 デート当日の3日前くらいに具体的な待ち合わせ場所と時間を告げるぐらいで全く問題ありません。

デートの承諾を貰って舞い上がる気持ちは分かりますが、ここでヘタに連絡を入れまくるとキモがられるし社会人は何かと忙しい。メールの往復でお互いの関係性を保つことはできるが、高校生や中学生でもない限りメールで恋愛の距離を縮められることはほとんどない。

メールで話すより実際に会っておしゃべりしたほうが、もっと2人の距離は近くなる。

デートの誘いを断られたら一旦引く

仮にデートの誘いを断られたら焦らず一旦身を引こう。残念な気持ちは非常に分かりますがここで粘って「じゃあこの日はどうかな?」と追い打ちをするのはかなりマイナスです。

女の子がデートの誘いを断る理由は様々です。本当に予定があって行けない場合やあなたに興味がなくて断る場合もありますし、駆け引きをしている場合だってありえます。断り方で脈ありか脈なしか、ある程度の予測はできますが理由はどうであれ、断られたのなら「そっかー。わかったまた今度ね」とサラッと引き上げたほうが印象が良くなります。

ただし1度や2度断られたくらいで、諦めてはいけません。女の子がデートを断る理由は本当に様々です。1ヶ月くらい期間を空けて再度チャレンジしましょう。そもそもデートの誘いは断られることの方が圧倒的に多いです。

100%デートの誘いをOKしてくれる方法はない

ここまで色々説明してきましたが極論を言うと、

100%デートの誘いをOKしてくれる誘い方はありません。

どんなにイケメンな人でも、恋愛経験豊富な人であっても失敗する時はするし、成功する時はする。恋愛はその時のタイミングと確率ゲームです。 言葉巧みに美女に声を掛けまくるナンパ師でも成功するより失敗することの方が多いのが現実です。

まとめ

  1. デートに誘う前にデートに行ってもいいかもと思わせるぐらいの関係性を築く。
  2. デートの誘いはサラッと。
  3. 断られるたら一旦引いて期間を空ける。
  4. 100%100%デートの誘いをOKしてくれる方法はない
広告を非表示にする